エルダーホームの2018年7月の日誌

サイトマップ

2019年6月の記事一覧

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー別記事一覧

エルダーホームの新着ブログ記事

エルダーホームの過去のブログ

介護トピックス

エルダーホームの業務を月ごとにご紹介

エルダーホームからこんにちは(2018年7月号)

食べることが大好きなA様が体調を崩して入院されました。

92才というご高齢で、もともと車椅子で生活されていたところに

2週間以上もベッドでお過ごしになると、座ることもままなりません。

「静かなのがいいの」

と大好きなテレビもご覧になりません。

もちろんお食事もなかなか進みません。

入院中に「硬い」とか「好きじゃない」とお食事量が落ちたとのこと。

「やっぱりエルダーのお粥はおいしい」

と笑顔をお見せになるもののほんの何口かしか食べられません。

「もう少し食べないと力が出ませんよ」

とお声をかけても

「食欲がないの」とか

「動かないからお腹すかないのよ」

などとお答えになります。

そして決まって

「今までありがとね」とヘルパーの手を握るのです。

せっかく病気が治っても、このままでは体が持ちません。

ご家族様とご相談し食べられる物は何でもいいので

お腹に入れていただこう!とヘルパーの奮闘が始まりました。

カステラ一口、プリン二口...カステラは三口食べられました!

と日々報告が入ります。

そうして二か月が経ちました。数日前からテレビがついています。

お食事も半分以上、おやつのプリンや水羊羹も一度に食べられるようになり、

介助後の「今までありがとね」が、

ただの「ありがとね」に変わりました。

「たくさん食べられるようになりましたね」

とお声をかけると

「エヘヘ...^o^」といたずらっ子のような笑顔で

「そーなのよ!お迎えを待っているだけなのに、

何を食べてもおいしくって困るの」

思わず吹き出してしまいました。

 

2018年7月20日