エルダーホームからこんにちは(平成27年12月号)

サイトマップ

介護トピックス

エルダーホームからこんにちは(平成27年12月号)

日本の介護もやがてグローバル化し、

色々な国の方と一緒に過ごす日々が来ると

思っていましたが、

こんなに早く・・・。


ある日、B様(外国人)とご縁があり、

ご入居されることになりました。


日常会話は英語です。


ヘルパーは、毎日英語のシャワーを浴びているようで、

しばしポカンとしたり、

他のヘルパーに「ねぇ何とおっしゃっているの?」と

聞いてみたり、四苦八苦しています。


思えば、学生時代こんな日が来るかと勉強に

いそしんでいれば良かったと後悔するばかりです。


職員が「親子で楽しい英会話」なる本を持参しました。


良い機会だと思って勉強しましょう!


とヘルパー一同覚悟を決めました。




ある日、入浴の時間帯にB様から外にすぐ出掛けたいとの

申し出がありました。


ヘルパー

「ちょっと待って下さいね。」

「ちょっと待っていて...」


なかなか聞き入れて頂けません。


すると、


wait a minute!


入居者のH様からです。

94歳ミッションスクールを76年前に卒業されたと

おっしゃいます。



一同

素晴らしい...!!



認知症があるとドクターから診断ありましたが、

限りなく未来に可能性を秘めた認知症ですね!


B様

OK!OK!わかった...

とおっしゃいます。



ひとつ屋根の下で暮らし、早く施設の皆様に慣れて、

ヘルパーの英会話能力の向上することを願うばかりです。

日時:2015年12月20日 PM 12:34