エルダーホームのエルダー通信

サイトマップ

介護トピックス

エルダー通信

エルダーホームからこんにちは(平成29年7月号)

新しい入居者様が入居されました。

ご趣味を伺いますと、ゴルフとマージャンとおっしゃいます。

Aさん(80歳)は


「ゴルフは出来ないけど...お仲間がいれば

マージャンはやりたいな。高校生の頃から

やっているから60年以上やっていたよ!」


との事。

そう言えば、去年ご入居されたBさん(83歳)も

マージャンが趣味だったと伺っていました。

職員同士で話し合い、


「マージャンは頭の体操になるらしいし、

マージャンクラブを作りましょう^^」


という案が出ました。まず人数を集める事と、

道具を用意すること。

場所と時間の決定を考えました。

お一人お一人にお声をかけますと、


「出来るよ!^^


Cさん(73歳)


「俺も出来るよ!^^v


Dさん(70歳)とメンバーがそろいました。

道具を準備して、週2回・2時間と決め

マージャンクラブがスタートしました。


 皆さんの顔が真剣で勝負師の顔になっていきます。

考える事・計算する事・手を伸ばす事、

そして決まった時の"ニコッ^^"とした表情が新鮮でした。

いつも居室でテレビを観ていたり、

他の入居者様とあまり会話をされていなかった

入居者様が食堂で会った時、


「今日もやりますか!」


『やりましょう!!』


という笑顔の会話をみかけた時、マージャンクラブを

作って良かったと思いました。


そして、これからも別な楽しみを持てるクラブ・時間を

作って行きたいとも思いました。


ちなみにマージャンクラブと同時期に

将棋クラブも発足しました☆

それぞれのクラブがどの様に成長するのか、

とても楽しみです。

日時:2017年7月19日 PM 06:06
エルダーホームからこんにちは(平成29年6月号)

五月も中旬を過ぎ、満開だった桜も緑を

たたえた葉桜になりました。


エルダーホームの、恒例、『お花見外食会』は

皆様お楽しみの行事です。


「やっぱりお寿司でしょう!」


と早くもヘルパーへお話し下さるのは、

毎年参加のTさんです。

歩行器使用のMさんは外出に消極的です。


「外を歩けるかな...」


と心配そうです。


「一緒に歩きますから大丈夫ですよ。」


と声をかけます。

さて、当日はまさにお花見日和の陽気でした。

満開の桜をお楽しみ頂き、レストランへ到着しました。

歩行に不安だったMさんは


「久しぶりに外を歩いたよ」


と嬉しそうです。

最近は、体調不良もあり、お粥を召し上がっている

Kさんですが、この日はお寿司です。

デザートにチョコパフェも頂きました。


「昔はよくお寿司屋さんに通ったもんだよ」


と懐かしそうに会話が止まりません。

久しぶりに見るKさんの笑顔です。


帰宅後、ヘルパーがお部屋に伺いますとKさんは

すでにお昼寝タイムでした。

その寝顔を見ながら


「Kさん、お疲れ様でした♪桜、きれいでしたね^^」


とささやいてたヘルパーさんでした。

また来年も皆さんでお花見食事会行きましょうね...。

日時:2017年6月16日 AM 09:41
エルダーホームからこんにちは(平成29年5月号)

 入浴は、日本人の特権!誰もがお好きかと思っていましたらそうでもありません。


『さあ・・・お風呂ですよ!』


と声でもかけようものなら


「イヤよ!!お風呂に入って風邪でもひいたら

あなた責任とってくれるの!?」


と打ち返されてしまいます。


「私もやめておくわ」


と入らない連鎖が始まってしまいますので、

スタッフは誘導するのに一苦労です。


 そんなある日のこと、入浴嫌いのHさんの

入浴がおしまいになり、スタッフが汚れ物の入った

洗濯かごを持ち、ドアを出ようとした瞬間、

お風呂上がりのHさんが、


「ドロボー!!」


っと・・・!!。皆いっせいに動きが止まりました。

かごを持って出ようとしたスタッフは、

見事どろぼうスタイルになり、

"えっ!?"と、首だけ振り返ります。

再度Hさん


「ど・ろ・ぼ・う^^


にやにや笑っています。


グッドタイミングな掛け声に大笑いです。


『えぇ~!どろぼうって!!


とヘルパーさんはビックリです。

そこでヘルパーさん


『では、一緒にこの洗濯物をどろぼうして、

洗濯機に入れましょう^O^


と返しました。

Hさん

「そうねぇ~どろぼうも汚れ物はいらないものね^^


と一件落着と相成りました。

Hさんこの次はご機嫌よくお風呂に入って下さいね^^

日時:2017年5月16日 AM 11:35
エルダーホームからこんにちは(平成29年3月号)

ご自宅で仲睦まじく暮らしていたのに、

ある日、どちらかが病院に入院することに

なった場合、どなたも退院後の生活が不安に

なられると思います。


F様ご夫妻は、初秋に奥様が急なご入院の為、

1人になられたご主人がホームに入居されました。

毎日奥様の病院に行くと言って、バックを持ち、

出掛けようとなさいます。


ヘルパーが、


「どちらの病院ですか?」


と伺いますと


『名前はわからんが、近くまで行けばわかる』


と言われます。

毎日、声掛け見守りしていました。


初冬になり、奥様が退院され、奥様も

エルダーホームに入居されました。


毎日食堂で隣の席に座り、食事のたび

かいがいしくお世話して下さいます。

食事の前にお茶をお出ししますと、


「お父さん、美味しいね」


『うん、美味しい』


そんな会話が聞こえて来ました。


やっと以前のように落ちついた生活に戻られたようです。


ご主人が、手編みのセーターを着ていると、


『この人が全部編んでくれたんだよ』


とうれしそうに話して下さいます。

奥様の入居後、

"外に出かけてくるからね。"

との言動はなくなりました。

日時:2017年3月21日 PM 01:46
エルダーホームからこんにちは(平成29年2月号)

昨年のクリスマス会では、職員による流行の

"恋ダンス"と水戸黄門の寸劇を披露させて

いただきました。


いつも"頭が痛いの"が口癖の

85歳の女性の入居者様は、


「ごめんね、今日は頭が痛いから

途中で帰ってもいい?」


とおっしゃってご参加されました。



初めの"恋ダンス"は


「良く憶えたわね!!

歌も踊りもすごく楽しくて良かったよ^O^


とお褒めの言葉を頂きました。



次は水戸黄門です。


皆さんとても時代劇がお好きな様で、

立ち回りの時は一緒に、エイ!ヤー!と

声を出して参加されました。

悪代官が助さん格さんに懲らしめられると

やんやの拍手です。

終わった時には


「今度は子供の頃の様にヘルパーさんと

チャンバラでもしようか?」


と言って下さいました。

 途中で帰ると言っていた女性は、

おてもやん風に化粧をした

ヘルパーの町娘に大笑いされ、


「まあ!かわいらしい事、次回の水戸黄門の時には、

私も着物をきて町娘をやってみたいわ」


と最後まで参加してくださいました。

 エルダーホームは元気に楽しく年が暮れ、

新年を迎えております。

日時:2017年2月15日 PM 04:48
エルダーホームからこんにちは(平成29年1月号)

今日の昼食は皆様お楽しみにされているバイキングです。

お好きな物をご自分で選んで召し上がって頂きます。

和洋中・デザートまで盛り沢山です。


「いらっしゃいませ♪」


スタッフがお迎えします。


『パンもお茶漬けも食べたいのよ...』


と迷っているAさんへ、


「両方頂いて下さい^^


とスタッフが声をかけます。

お皿は山盛りになってしまいました。

大丈夫でしょうか...。


車椅子のBさんへは、スタッフがお手伝いします。

最近は、食欲がなくスタッフも心配でした。


『おにぎりと湯豆腐とチーズドック...

ケーキものせてね』


とのご注文。

久しぶりに見るBさんの笑顔でした。


Cさんご夫婦は、ご一緒に奥様が車椅子のご主人様へ

お好きなものを選んで下さいます。

ご主人様も笑顔でお任せです。


『デザートを忘れちゃった!』


とDさんが戻ってきました。

早速ケーキをゲットします。

スタッフと顔を見合わせて思わずにっこりします。


皆様の笑顔にスタッフも笑顔。

和やかなランチバイキングとなりました。

 

日時:2017年1月16日 PM 12:19
エルダーホームからこんにちは(平成28年12月号)

 今日も昼食を終え、皆さんと食後の休憩です。

あちらこちらから笑い声や話し声が聞こえてきます。


男性のAさん、今日はヘルパーさんとレントゲンを

撮りにクリニックまで行く予定です。

担当ヘルパーと打ち合わせです。


「Aさん、迎えの車は1時半ですから、

 先にトイレに行きましょうか?

 上着は来ますか?」


『そうだね。

 念のため上着を持って行こうか』


準備に余念がありません。

その話をお向かいのご婦人Bさんが聞いています。


「どうしたの?どこへ行くの?」


と声をかけてきました。


『びょ~~~いん!!』


とAさんが答えます。


するとヘルパーさん、

「いえいえ、これからデート

 行くんですよねぇ~Aさん!」


とからかいました。


するとBさん

まだ早い!!


ヘルパーさんとAさんはぽか~んとしています。


そんな子供にデートはまだ早い!

 私の頃は、デートなんてとても無理だったのよ。

 並んで歩くのだってうわさになったものよ!」

とおっしゃったのです。



あの・・・

Aさん88歳。ヘルパーさん57歳・・・


何歳からならデートをしても良いのでしょうか!?


「Bさんに、デートはまだダメですって...」


皆さんにくすくす笑われてしまいました。

日時:2016年12月17日 PM 01:44
エルダーホームからこんにちは(平成28年11月号)

『避難訓練』

このところ火事だけでなく、地震や台風等災害による

被害が後を絶ちません。日頃から備えが大切ですので、

ホームでも避難訓練を行っています。


「皆さーん、今月は避難訓練があります!

よろしくお願いします!」


「あらっ!また滑り台降りるのね!」

と嬉しそうな声の主は90才のKさん


「雨だといいのにねぇ。」

と控えめに"イヤだ"オーラを漂わせているのは

81才のHさん。



23日前から具体的な説明が始まります。


「避難するときはハンカチかタオルで口を

押さえて下さいね。頭も保護したいので防災頭巾を

お持ちの方は被って下さい。無い方はバスタオルか

何かで代用しましょう。」


「両手がふさがったら杖持てないでしょ⁉」


「掴まらないと歩けないし。」


そうでした......^^;


「頬っ被りでもしましょうか(笑)。」


中にはこんな方もいらっしゃいます。


「いざとなったら歩けるから私不参加ね!」

車椅子に乗ったKさんです。


「そんなこと言わないで......

童心に帰ってスロープ滑りましょ⁉

ご一緒しますから。」

こんなやり取りが直前まで続きます。



そして当日、再度同じ説明と開始時刻等を繰り返し、

準備万端かと思いきや、

開始直前に1階ロビーに人影が......。


Aさんが首にタオルを巻き軍手をはめて下りてきました。


「そろそろ時間だろ?」


「避難の練習ですから『火事でーす!』と

お声をかけるまでお部屋で待機していただきたいの

ですが......。」


「そうなのか⁉。」


「・・・・・・^^;


事前説明はどこへやら...。

にぎやかにそしてしっかりと避難訓練は始まったのでした^o^

日時:2016年11月18日 PM 12:17
エルダーホームからこんにちは(平成28年10月号)

 先日、ご入居のW様は、認知症が進み

おひとりのお暮しが難しくなりホームに

いらっしゃいました。


初日より

『家に帰ります。』

『病院に行かなければならないので家に帰ります。』

と訴えていらっしゃいます。


「駅から遠いですよ。」

「タクシーはすぐに来ない住宅地です。」等々、

落ち着いて頂こうとヘルパーさんがお話をしています。



 そんなある日、とうとうWさんが荷物をバッグに詰めて、


『帰ります。出口はどこですか?』


とヘルパー室に来られました。


ヘルパーはしばらくお話を伺ってみましょうと

思っていました。すると、さっと通りかかった

入居者様が、


『Wさんこちらですよ。一緒に行こう。』


と、ホールの方へ手を繋ぎご一緒に行かれました。

他の入居者様が気付いて、


『座ってよ。ここ、ここよ。』


と椅子を用意しています。

手を繋いで歩かれる姿にヘルパー全員微笑んでしまいました。

ホールでは、入居者様とヘルパーが折り紙で箱を

作っていました。

いつの間にか荷物のバッグは横に置かれ


『これでいいの?』


と隣の方に折り方を聞いていらっしゃいます。

そんなこんなで、帰りたい気持ちはどこかへ

行ってしまいます。

ヘルパーが馴染んで頂こうと気を揉まなくても、

同じ時を経て暮らして行く毎日が、仲間になられる

近道のようです。


W様は、数日が過ぎ皆様に名前を覚えて頂き、

落ち着いて生活されていらっしゃいます。


日時:2016年10月20日 AM 11:53
エルダーホームからこんにちは(平成28年9月号)

 エルダーホームでは、毎月訪問の美容師さんが来てくれます。

今月もヘルパーが皆様へご希望を伺って参ります。

ご入居間もないKさんは、

"カット・パーマ・カラー"をご希望されました。


Kさんは、最近暑さのせいか、食欲もなく、

身体の不調もあり、お薬が処方されたばかりです。

体力は大丈夫でしょうか・・・。

ヘルパーが心配し、


「今回はカットだけにしてはいかがでしょう?」


とお声をかけますと、


『きれいにしてもらうなら仕方ないでしょ』


と覚悟を決めたご様子です。


カラーは2週間後の予定となりました。


当日、カット・パーマを終えたKさんに、

心配するヘルパーが体調を伺いに・・・



"あれ!?"


Kさんは、口紅をしていました。


『美容師さんに相談したら、この色がいいって^^』


久しぶりに見るKさんの笑顔です。

なんだか声にはりが出て、いつもより数倍お元気な

ご様子にヘルパーさんもビックリです。



きれいになることが、一番のお薬だったようですね♪

日時:2016年9月15日 PM 04:59
エルダーホームからこんにちは(平成28年8月号)

 今日は入浴日、そして月に1度の体重測定の日です。

ご入居されて3ヶ月目のM様(79歳)入浴前に体重計に

乗りますと、○kgでした。



「えぇ~!2kgも増えちゃったわ!

ここの食事が美味しいから、残さず食べちゃうからかしら。

太っちゃうわねぇ...」



お食事は、カロリー計算していますので、

3食きちんと召し上がっても大丈夫なはずなのですが...

もしかしたら、お買い物でおやつを沢山買って

来られたのでは?と思い、うかがいますと



「昨日の買い物は、苺とバナナでしょ...

アイスクリームとチョコレートと......

あとは、クッキーとお煎餅とジュースだけよ??」



と、おっしゃいます。

あらあら...随分とカロリーの高いおやつが沢山です...。


『次回から、おやつの量を控えめにすると体重は戻るかも

しれませんよ?いかがですか?』



とお話しすると、



「そうねぇ...少し減らそうかしら...

太っちゃうのはイヤだしね...。

来月の体重測定が楽しみだわ。」



と、ダイエット宣言!



M様に


『身長は何cmですか?』


と伺うと、


150cmぐらいかしら」


とおっしゃいます。

聞いたスタッフの身長が、同じく150cmだったので、


『同じですね^^


と並んでみますと...

明らかにM様の方が、身長が高いので、


『M様、150cmよりもっと身長ありますよ~!』


とスタッフが言うと、



「ふふふ...よく見て御覧なさい...」



とおっしゃいます。


"????"


スタッフがM様の足元を見ると、背伸びされています!



『なるほど!!』


「ヒールを履いたらこれぐらいかしらね♪」


『ダイエットも身長もいくつになっても女心ですね^o ^


と大笑いしながらの入浴になりました。

 

日時:2016年8月13日 PM 02:57
エルダーホームからこんにちは(平成28年7月号)

今月も第3日曜日はお誕生日会です。

今月のお誕生者3名様を皆さんでお祝いし、

お花をプレゼントしました後、牛乳パックを使って

竹とんぼ作りです。スタッフが、先月から牛乳パックを集め、

準備してきました。


 きれいに色を塗ってストローにつけて、

牛乳パックとんぼ(?)の出来上がりです。

早速飛ばしますと、食堂にさまざまな花が

飛び交っている様で、皆様からも


「わぁ~!飛んだ~!」


「あ~そっちに落ちちゃった・・・」



と竹とんぼと楽しそうな声が一緒にあがっていました。

 さて、今日のおやつはドーナツです。

皆さんに作って頂きます。

テーブルには、フライパンやらボール、

ホットケーキの素といろいろ並んでいます。


その中に豆腐が2丁・・・?!


A様『あれ?今日はお豆腐のフライなの?』


スタッフまでもきょとんとしています。


「いえいえ予定通りドーナツですよ。

 油は危ないので私がやりますね」


「では、Aさんこのお豆腐、泡だて器で混ぜて

 トロトロにして下さい。」


A様『え~~!!いいの~??』


と不安顔です。

 

トロトロになったお豆腐にホットケーキの素と

お水を入れ、一口づつ揚げれば出来上がりです。

格好悪いけどふわふわのドーナツになりました。


『よくこんなの知っていたわね~』とA様。


「はい!クックパッドに出ていました!

私も初めて作りました」(^v^o)


賑やかな誕生日会の一幕です。

日時:2016年7月15日 PM 02:19
エルダーホームからこんにちは(平成28年6月号)

エルダーホームでは、毎週『認知症予防スクール』

・・通称エルダースクールを開講しています。

教科は、算数・国語・図工に音楽・・

調理実習や校外学習(お花見やお食事会等)

手芸等のクラブ活動も行っています。



スクールを始めた頃は、一桁の足し算・引き算も

億劫で、中には鉛筆を持った手が"つった"方も

いらっしゃいました。

「難しかったかな⁉」とか逆に

「易しすぎてバカにされたと思われたかな?」などと、

出題する私たちも試行錯誤を繰り返すうちに、

色々なことが分かってきました。



スクールでは、まず頭の体操として全員で

声を合わせて九九を唱え(なかなか合いませんが)

それから、プリントを配るようにしました。


また、お子さんなら、級を上げて難しい問題に

チャレンジするところですが、エルダーホームは

違います。易しすぎると思われるような問題を、

何回も繰り返し解くのです。


その結果、みなさま真剣に取り組まれるようになり、

花丸続出です。(^ ^

問題を解く時間が少しずつ早くなったり、

手が痛くて鉛筆を握れなかった人は

握れるようになったり、

算数プリントは一桁の足し算・引き算だけでなく、

掛け算・割り算の混じったものを

希望される方までいらっしゃるようになりました。


そして何よりなのが、スクールの時間にも

笑顔が見られるなったことです。

スクールへの参加が待ち遠しく、

楽しみにされるようになってから、

みなさま益々活き活きとして、

『認知症予防』以外にも様々な効果があったようです。

日時:2016年6月15日 AM 10:20
エルダーホームからこんにちは(平成28年5月号)

一億総活躍社会というのは、人生一体いつまで

どのような活躍なのでしょう。


還暦を迎えたヘルパーの所感です。

江戸の昔なら、もう平均寿命は過ぎて

いるはずです。

将来に対する不安がない訳でなく、

健康な体でいたい。

仕事がなくなると、暮らしはどうなるのだろう

などと考え、最近少し弱気になっていました。



 そんな時、後輩職員から、すてきな真っ赤な

花束と、赤いパンツをプレゼントされました。

何でも申年の赤パンツは、


病が去る(申)

災(わざわい)が去る(申)

のだとか・・・。(^。^)


 エルダーホームに入居されているA様に、

そんな話をしましたら、



「おいしい物が食べたい。

今日の食事はなんだろう?

お風呂に入れてよかった。

窓の外に、また、タヌキが見られたらいいな・・。

そんなこと考えていると幸せ感じるものよ

歳のことなんか、どうにもならないじゃない。」



とおっしゃいます。

同感です!日々、幸せを感じながら、

生きていることに気付かされました。



 ご高齢者は、立派に活躍されています。

時々生きる知恵を教えて下さいます。

十分活躍社会の役割を担っていらっしゃるのですね。

日時:2016年5月23日 PM 03:16
エルダーホームからこんにちは(平成28年4月号)

今日は、新人ヘルパーさんの初出勤です。

とても緊張しています。

まずは、入居者様に先輩ヘルパーと一緒にご挨拶です。

皆様、お茶の時間でホールに集まって

いらっしゃいました。


「新人のAです。よろしくお願いいたします。」


と笑顔と大きな声でご挨拶します。


『新人と言っても、貫録あるね、

どこかで仕事してたの?』


「若くなくてすみません。

年は十分ですが、このお仕事は新人です。

頑張りますのでよろしくお願いします。」


Aさんは六十歳過ぎの新人ヘルパーです。

年下の先輩ヘルパーに


やっぱり若い方がいいですよね......


とたずねます。


「そんな事ありませんよ。

このホームのヘルパーは二十代から六十代までいて、

入居者様とは、子供や孫や曾孫と同じ位だね。と

話が弾む事もあるのよ。

それに私は若い"お姉さん"なのよ」


と四十代の先輩ヘルパー。

するとホールから


お姉さん~お姉さん~^^


と呼ぶ声がします。」


『お姉さん、おいしいコーヒーの

おかわりがほしいのだけど...^^


「昔の"お姉さん"ですが私でよろしいですか?」


『いいよ~。お姉さんだよ!若い若い!!』


と笑顔で声をかけて頂きました。

 今日は暖かく、外の梅も満開です。


「今から、お散歩にお出かけしませんか」

とお声をかけますと


『いいね~!』


『楽しみ!』


とまた、皆様が笑顔となりました。

日時:2016年4月19日 PM 02:36
エルダーホームからこんにちは(平成27年3月号)

 今年は暖冬とはいえ、寒さ厳しい毎日が続いています。

関東にも雪が降りました。

いつもなら、お散歩に出られるIさんも、

居室に籠もりがちです。



今日は入浴日、担当ヘルパーがIさんをお誘いに伺いました。


「Iさん、お風呂でゆっくり温まりましょう!」


するとIさん


『今日はお風呂の気分じゃないのよ...』


お風呂は大好きなIさんでしたが...。

どうしたのでしょう...。

体調でも悪いのでしょうか...。


「では、どんな気分なのですか?」


『寒いのはダメ...ヘルパーさんは元気でいいわね』


お風呂に入るのも億劫になってしまったご様子です。

そこでヘルパー


「私も寒いのはダメなんですよ」


とカーディガンを脱ぎ、背中のホカロンを見せました。


それも 2!!


「これは内緒ですよ!


と笑っているIさんへ。

その後Iさんは浴室へご一緒して下さいました。

安心してください!

いつも元気なヘルパーもつけてますよ!!^^

日時:2016年3月16日 PM 03:45
エルダーホームからこんにちは(平成28年2月号)

ヘルパーさんが困った顔をして戻ってきました。

話を聞くと、O様が何度布団をかけても

はいで床に落としてしまう...とのことです。

"風邪でもひかれたら...心配です。"


O様は12月で百歳になられ、立ち上がりも難しく、

ベッドか車椅子での生活になられていらっしゃいます。


どうしたのかしら?とO様のお部屋へ

ご様子をみに伺いました。


「Oさん...お布団何か変ですか?重たいのですか?」


色々なお話をしているうちに理由がわかりました。



『あのね...今日早く帰って子供達のごはんを

 つくらなくちゃいけないの。

 このまま降りたら危ないから布団を敷いて

 降りようと思ったの...』


か細い声でおっしゃいました。

 

なるほど、ビックリするやら感心するやら...。

百歳を過ぎても心はいつも

"おかあさん"

なんですね


「そうですか、それでは夕方になったら私が

 お家までお送りしましょう。」


O様安心なさった様で、


『お願いね』


と休まれました。


お子さんにご飯を作っている夢を

見ていらっしゃるのかもしれませんね^^

日時:2016年2月15日 PM 03:25
エルダーホームからこんにちは(平成28年1月号)

年齢を重ねると体のアチコチに不具合が生じてきます。

何もない所でつまずいたり、

お菓子の袋やペットボトルのキャップが

開けにくくなってきたりすると、

体の衰えを感じてしまいます。

もちろん「目」も例外ではありません。



先日、ご入居者様のMさんが、

少し物が見えづらくなったとの事で、

眼科を受診し、白内障の手術を受けることとなりました。



手術は無事に終わり、退院の日になりました。

ヘルパーがお迎えに上がりますと、

Mさん "じーっと" 鏡をご覧になっています。


「無事に退院できて良かったですね。

 良く見える様になりましたか?」


とヘルパーがお尋ねしますと



私、年とったわねぇ...


とおっしゃいます。



「あらいやだ。

  23日で急に年取るわけありませんよ~^o^

と笑いながら答えますと、



『だってシミやシワこんなにあったかしら...

 自分でもビックリしちゃって!

 ショックよぉ!

 少し霞んでるぐらいの方が良かったかも...』



なんていうことでしょう!!

ヘルパーはビックリして大笑い



「良く見えるようになったんだから...良かった良かった。

 私もシミやシワがいっぱいです。見えますか??」

とお話しすると



『あら本当だ! ^o^ あははは...』


二人でにこにことホームに戻りました。

日時:2016年1月15日 PM 05:26
エルダーホームからこんにちは(平成27年12月号)

日本の介護もやがてグローバル化し、

色々な国の方と一緒に過ごす日々が来ると

思っていましたが、

こんなに早く・・・。


ある日、B様(外国人)とご縁があり、

ご入居されることになりました。


日常会話は英語です。


ヘルパーは、毎日英語のシャワーを浴びているようで、

しばしポカンとしたり、

他のヘルパーに「ねぇ何とおっしゃっているの?」と

聞いてみたり、四苦八苦しています。


思えば、学生時代こんな日が来るかと勉強に

いそしんでいれば良かったと後悔するばかりです。


職員が「親子で楽しい英会話」なる本を持参しました。


良い機会だと思って勉強しましょう!


とヘルパー一同覚悟を決めました。




ある日、入浴の時間帯にB様から外にすぐ出掛けたいとの

申し出がありました。


ヘルパー

「ちょっと待って下さいね。」

「ちょっと待っていて...」


なかなか聞き入れて頂けません。


すると、


wait a minute!


入居者のH様からです。

94歳ミッションスクールを76年前に卒業されたと

おっしゃいます。



一同

素晴らしい...!!



認知症があるとドクターから診断ありましたが、

限りなく未来に可能性を秘めた認知症ですね!


B様

OK!OK!わかった...

とおっしゃいます。



ひとつ屋根の下で暮らし、早く施設の皆様に慣れて、

ヘルパーの英会話能力の向上することを願うばかりです。

日時:2015年12月20日 PM 12:34
エルダーホームからこんにちは(平成27年11月号)

エルダーホームは、ご入居された後も今までと

変わらぬ生活に加え、安心した日々を送って頂けるよう

皆様をサポートしております。



先日、入居者様のご家族様からお手紙を頂きました。

お父様と二人暮らしをしていた娘様。

お仕事と介護の両立が難しくなり、

お父様がご入居されました。


入居当初、お父様は寂しさもあり、塞ぎ込む事も

ありましたが、徐々にこちらの生活にも慣れ

今では進んでレクリエーション等にも参加し、

スタッフとも笑顔でお話しをして下さいます。


娘様がいらした時もお二人の楽しそうな話し声が

聞こえ私達もホッとしていました。




お手紙を頂いたのはその頃でした。




入居前娘様は、介護疲れで精神的にギリギリの

状態であったそうです。

お父様にもきつくあたり辛い思いをさせてしまっていた事。

それが、入居した事でお互いに良い距離が保てるようになり、

正常心を取り戻せ、お父様にも優しい気持ちで接する事が

できるようになった。

以前の様に父と笑って話せるようになり感謝しています。




といった内容でした。


お手紙を拝見したスタッフは、本当にこの仕事に就いて

良かったと心から思いました。



入居者様だけではなくご家族様ともより良い関係を

築いていけるよう、今まで以上に


"がんばろうね!"


とスタッフ皆でにっこりしました。

日時:2015年11月13日 AM 11:12
エルダーホームからこんにちは(平成27年10月号)

暑い夏もひと休み...という頃、エルダーホームでは、

毎年恒例の夏祭りを開催しました。



「お祭り大好き」と話すOさんは、今年初めての参加です。

ヘルパー手作りのはっぴを着て頂くと鏡の前へ...。


「お似合いですよ!」とヘルパーがお声をかけます。

お祭りが始まるまで、鏡の前を行ったり来たりしています。



いよいよお祭りのはじまりです。



一通り皆さんで盆踊りを踊ると、ゲームの的当て、

もぐらたたき等、皆さん景品をかけて大ハッスルです。



さて、ヨーヨー釣りでのひとコマ。



並んでご参加のSさんご夫婦の奥様は、

次々とヨーヨーを釣り上げているのに、

ご主人は一つも釣れていません。

ヘルパーも手を添えてお手伝いします。



「あなたダメね!輪っかに下から針を引っかけるのよ~」

奥様の指示に、


『うるさい!』とご主人。

眉間にシワがよります。


夫婦喧嘩勃発か!?

隣でヘルパーさんはハラハラ...。




「はい。

あなたに一番きれいな色のをあげるわ。」




奥様より赤いヨーヨーをプレゼントされ、

二人共笑顔になりました。



二人の笑顔にヘルパーさんもニコニコ笑顔になりました。

日時:2015年10月23日 PM 03:26
エルダーホームからこんにちは(平成27年9月号)

梅雨明けの頃の出来事です。


 今年の梅雨は、豪雨で窓を開けて風を入れる事が

なかなか出来ませんでしたが、夕方に涼しい風が入る時、

ヘルパーさんが角部屋のTさんのお部屋にお掃除に

伺いました。風を入れようと出窓を開けた所、

網戸が大きく破れていました。

昨年全てのお部屋の網戸の点検は終了しているはず・・・。



「Tさん・・・すみません。

点検ミスで出窓の網戸を張り替えてもらうのを忘れた様です。本当に申し訳ありません!」




『あら~困ったわねぇ。

夕方の風が窓から入ると気持ちがいいのよね・・・。』




そこからスタッフが集まって相談です。


「小さな窓ひとつ、業者さんをお願いする程では

ないわよね。」



はい私出来ます!任せて下さい!


すかさずベテラン主婦から声があがりました。


材料は業者さんが置いて行った物で間に合いそうです。



「Tさん、ちょっと失礼して網戸直させて

いただきますね^^」




網戸をベランダに持って行き、ネットとゴムを替えれば、

あっという間に終了です。




「Tさんお待たせしました。

これで今夜も風が楽しめますよ。」





『あら~あっという間ね。上手ねぇ。

ねぇついでに私の頭も直してくれない?』





穴が開いたら修理しますね~




二人で大笑いしました^^

 

日時:2015年9月15日 PM 12:50
エルダーホームからこんにちは(平成27年8月号)

どの年代にも『テレビ通』という方がいらっしゃいます。

もちろんご多分に漏れずエルダーホームにも

大勢の『通』の方がいらっしゃいます。



ワイドショーの内容に精通し、三面記事はもとより

芸能界のことならヘルパーもタジタジになるほどの

事情通。

AKBの総選挙などは格好の話題です。



「指原が1位とったねぇ!」



「いやぁ高橋みなみちゃんに勝たせたかったよなぁ」



などなど。


お部屋にはアイドルのカレンダーやポスターまで。


女性陣の人気は年齢層がチョット上がりSMAP

氷川きよしあたりでしょうか。


野球の若手選手にもこだわりがあるようで、

先日カレンダーの写真を見ながら


「亀井は良い選手ですねぇ」


とお声をかけると


「坂本の方が可愛いわよ!」


と予期せぬ答えが返ってきてしまいました。


ある日のお食事時、食堂で皆様いつものように

テレビをご覧になっていました。



「この女優さん最近結婚したんだよな~」



 「確か『ごちそうさま』という朝ドラに出てたな」



「うん!結婚はそのドラマがきっかけだとテレビで

 言ってたぞ!」



「まさに『ごちそうさま!』だなぁ!」



皆様思わず手を合わせ「ごちそうさま!」



つられてヘルパーも「ごちそうさま!」

日時:2015年8月14日 PM 04:54
エルダーホームからこんにちは(平成27年7月号)

いつもの朝の風景です。


朝食が済み、ひと休みすると、ひとりふたりと

席を立たれます。エレベーター前が混雑し出すと、

スタッフ交通整理の出番です。


スタッフがすかさず乗り込み、和やかにご案内を始めます。



おはようございます。

 エルダーデパートへようこそお越し下さいました。

 上へ参ります2階洋服売場でございます

 涼しい夏服取り揃えてございま~す。


ドアが開きました。


「S様・U様こちらでございますね。

 お足元にお気を付け下さいませ。



「続きまして3階着物売場でございます

 そろそろ浴衣はいかがでしょうか?」



『あるのかい!?ホントかい!?』


皆さん笑い出します。



「Y様・K様どうぞこちらでございます。」



『私は地下にお願いします!』



「地下ですか!?・・・」(えっ!?-o-;



『決まってるでしょ!食品売場よ!^^』


(この建物には地下はありません・・・)



『デパートはやっぱり地下が一番よね!』



「わかりました今度社長に穴掘って作って下さる様

 お願いしてみまぁ~す。」



 にぎやかな一日の始まりとなりました。

日時:2015年7月18日 AM 11:56
エルダーホームからこんにちは(平成27年6月号)

今日はね、風邪薬を買わないといけないんだよ。



と、これからヘルパーさんといつものドラッグストアへ

お買い物に出かけるSさん。



『風邪気味ですか?』ヘルパーさんが心配すると、



「いやいや、常備薬でね。

  飲みたい時に無いと困るからいつも買っておくんだよ。」



 桜は散ってしまいましたが、色々な花が咲いていて、

お店に向かう途中会話もはずみます。


いつも行くお店ですから、Sさんよくご存知で、

買う物をカゴに入れ、さぁ会計です。



風邪薬は、カウンターで言わないと買えないんだよ。

・・・・・・あれ?名前何だったっけ??




『あれですよね。あの薬。ほら・・・』

二人とも度忘れしてしまいました。




「ここまで出てきてるんだけどなぁ・・・」


『私もです・・・』



と話してるうちに会計の順番になってしまいました。


えっ~と・・・と動揺するヘルパーさんを横目に、

Sさん、落ち着いた口調で、




店員さん。いつもの風邪薬もらえる?




とおっしゃいます。

すると、"いつもありがとうございます。"と

風邪薬が出てきました。




そうそう!!これこれ!!




二人で、思わず声を上げてしまいました。



「いや~顔を知っている店員さんで良かったよ。」



『Sさんの機転に助けられました。』


と、ほっとしたヘルパーさん。



二人で笑いながらホームに帰りました。

日時:2015年6月15日 PM 02:16
エルダーホームからこんにちは(平成27年5月号)

ホームでは、毎年恒例のお花見を兼ねたお食事会を行います。

皆様楽しみにされていらっしゃいます。



今年は、川沿いに咲き続く桜のコースを計画しました。



いよいよ当日、お天気も良好です。

車椅子の方もいらっしゃいますので、大型の介護タクシーに

乗り込みお花見へ出発です。



川沿いに咲く桜のアーチが青空にはえて...

皆様言葉もなくうっとり見つめていらっしゃいます。



今年が最後かもしれない...


とKさんがつぶやきます。



最近体調が優れず久しぶりの外出でしたので、

スタッフはちょっとドキドキです。


隣に座ったSさんが、Kさんの肩を叩き


何言ってんの!皆一緒でしょ!


と私達より先に声をかけてくださいました。



ヘルパーの隣で、車椅子で乗車のTさんは、


こんなに長生きするとは思わんかった。」


と笑っています。



前の座席では、

お昼何食べる?

ちょっと一杯飲もうかしら...

と相談中。



車酔いを心配していたHさんも大丈夫なご様子です。

しばし桜コースを満喫し、お仲間を気遣う会話とともに

お食事会へと向かいました。


皆様の笑顔と共に春を迎えたひとときでした。

日時:2015年5月15日 PM 05:38
エルダーホームからこんにちは(平成27年4月号)

 寒い寒いと思っていても、春は確実にやって来ています。

エルダーホームには、お元気なご入居者様も沢山

いらっしゃいます。


その中のお一人、O様は、草取りが趣味です。


それはもう、時間を忘れてホームのお庭はもとより

建物の周りや植木の間など、喜々として草取りを

して下さいます。

本当にいつも有難く、頭が下がります。


そんな日差しは暖かですが、吹く風はまだまだ冷たい二月の

ある日、いつもの様にO様は、草取りに夢中です。

まだ二月、そんなにたくさん草があるわけではありません。


事務所の外にO様の影...



「Oさん寒いですよ。中に入られた方がいいですよ。」



事務員さんがいくら声をかけても、

いっこうに動くつもりはないようです。


またしばらくして



「Oさん寒いですよ。風邪ひきますよ」



事務員さんも段々心配になり、一緒に外に出て

草取りを始めました。


そうこうしているうちに日も傾きかけた頃、

ヘルパーさんのお迎えがやってきて、

Oさんはお部屋へ戻られました。



 さて、ここからが大変です。

事務員さん今日の遅れた仕事にとりかかりました。

必死で計算をしている頃、丁度夕食で降りてきた、

入居者のHさんとAさんが事務所をのぞきこんで...



「合わないんだよ!絶対合わないんだわよね!」



『合わないんだねぇ~。帰れないねぇ~。』



聞こえた事務員さん、心の中で叫びます。




"違いますぅ~!

色々あって遅くなっただけですぅ~!!

合ってますからぁ~"


心の中で、誤解を解いて欲しいと願っていた事務員さんでした。

日時:2015年4月15日 AM 10:27
エルダーホームからこんにちは(平成27年3月号)

 エルダーホームでは、年に数回お食事会が行われます。


「そろそろお食事会の時期ですね。

  ご参加はどうされますか?」


今回初めて『お食事会』の担当になったヘルパーのKさんが

皆さんに参加の有無を聞いて回ってます。


「あら久しぶり!連れて行って頂けるの!?


元気にお答えになったAさん。

お食事会は毎回参加なさいます。


「今回は和食がいいわ。」


と、リクエストされたのは

"毎月食事会があるといいのに..."

といつも話しかけてくるBさん。


「息子達と行くと、いつも和食だから、

 たまには洋食も良いんだけど...。」


と、控えめにアピールなさるCさん。


もちろん男性陣もにぎやかです。


「ビールがあれば何でもいいよ。」


と、飲む相談です。



 さて、その日の昼食時、Fさんのお部屋へ迎えに行くと、

いつもとはちょっと違う雰囲気です。


「あら、お着替えしたんですか?ステキですね。」


『だってお食事会に出かけるんでしょ?』


「Fさん...ごめんなさい。

 お食事会の日にちは今日じゃありませんよ。」



『......(―_―)』




すっかり肩を落としたFさん、無言でお食事を終えると、

小声で連呼し始めました。



うらめしいうらめしい!うらめしい!......』



ヘルパーのKさんは大慌てです。



「ごめんなさいねFさん。

 お店の予約も入れないといけないから、

 もう少しお待ちくださいね」


するとFさんニッコリ笑って



『わかっていますよ。うふふ(笑)

 ちょっとからかっただけよ』



Kさん、急いでお店の予約に走りました!

日時:2015年3月23日 PM 12:38
エルダーホームからこんにちは(平成27年2月号)

 病院から退院されたばかりで、

食欲の落ちてしまったKさん。

23口召し上がると、


『腰が痛いのよ!トイレに行かせて!』


とお食事モードではありません。

スタッフも声掛けに困っています。


小さな声のヘルパー



「・・・・食べて下さいね・・・・。」



『いらないわよ!気持ち悪いからあぁ~』



沈黙するしかありません。


そこへベテランヘルパーOさんが登場^o^

エルダーホームでは、ヘルパーさんも同じテーブルで

食事をします。



「あら、Kさんこの煮物ダシがよく効いてますよ。

う~んおいしい!

お漬物...野菜がシャキシャキして良い塩加減!

一口いかがですか?

魚は粕漬けですって。ちょっと甘めですか?

一口どうぞ。

あぁ~おいしい!」



と、隣で食べ始まりました。


すると、Kさんも



『このくらいの味でいいんじゃない。』



と食事を始めました。



「そうですか。娘さんも"お母さんはお料理が上手"

とおっしゃっていましたよ。」



『娘も上手よ。』



「やっぱり。」



まわりからも"おいしいね""そうそう"と

声が行き交います。


みるみるお膳がきれいになっていきました。


最後はお薬です。



「これは痛みが取れるお薬です。さあどうぞ。」



歯みがきに行く頃には、大好きな"ふるさと"を

口ずさみながら向かいました。


 それからのヘルパーは、グルメリポートのチェックに

熱心になりました。

日時:2015年2月13日 PM 04:08
エルダーホームからこんにちは(平成27年1月号)

ある日の朝礼です。

きょうは、K君が一分間スピーチをしました。



「僕は、最近ビオトープに興味を持っています。

ビオトープというのは、生き物たちが、お互いに

つながりをもって生きているので、

その環境を作ってあげれば、人工的な餌を

あげなくて良いということなんです。

ベランダでも、出来るというので生態系について

勉強したりしています」



「へぇ~((◎Д◎))」



周りのスタッフも感心しきりです。



「でも、やっぱり実践するとなると大変なので、

最初はベランダで野菜を育てたり、

簡単に出来ることをしてみようと思って

Mさんに相談したら、


"簡単よ!何でも(栽培)できるわよ(^^)

今時分なら、ほうれん草なんかいいわよ"


と教えてくれたんです。

そう話しているところへ、

Kさんが援助から戻ってきて


"そうよ。

(ほう)(れん)(そう)は大事よ!"


って・・・・

日時:2015年1月17日 AM 10:34
エルダーホームからこんにちは(平成26年12月号)

「歩かないと、歩けなくなる」


が口ぐせのSさんです。


毎日お散歩を欠かさず、

リハビリも頑張っていらっしゃいます。


今日も、手すりにつかまり膝上げ運動

それからバンザイバンザイ背伸び体操



「無理をなさらないで下さいね」

とスタッフが声をお掛けしますと、


「まだまだ!」とおっしゃいます。


そうこうしているうちに、入居者さんも一人二人と集まってきて、

体操に加わります。


だんだん凄いことになってきました。



頃合いを見て、お茶をお持ちし


「もうそろそろ、お仕舞にされては?」とスタッフ。



年を取ると、どんどん足腰が弱くなるから、

日ごろから体を鍛えないと!」


Sさんに、喝を入れられてしまい、

とうとうスタッフも輪に加わるのでした(^-^;)

日時:2014年12月15日 PM 04:54
エルダーホームからこんにちは(平成26年11月号)

先日、半年に一度の避難訓練がありました。



今回は夜間を想定して...とのことで、

夕食後の19時から行うことにしました。


当日、皆さん夕食からソワソワしています。



さあ、時間となりました。

避難訓練開始です。



急いでお部屋に戻られた方、

まだ食堂にいらっしゃる方さまざまです。



早速館内放送です。


1階厨房より火災が発生しました!


車椅子の方は、各階のホールまでスタッフがお連れします。


歩ける方はそのまま階段を降りて玄関まで来て頂きます。

おおかた玄関に集まった頃、Sさん(男性)が、


ショートパンツTシャツ首にタオル

  かけてゆっくり降りていらっしゃいました。


それを見たスタッフが、


あら~Sさんまるで盆踊りに行くみたいですね^_^



するとSさん


月が~出た出たぁ~月がぁ~出たぁ~


口から炭坑節が出てきました。



ホールにいた皆さん...


掘って~掘って~また掘ってっ......


私達、このかけ声がないと炭坑節が踊れません。

皆で大合唱です。



掘ってぇ~掘ってぇ~また掘ってっ。


 かついでかついで、あともどり


手足を動かし、季節はずれの盆踊りとなってしまいました。


うっすら汗をかいたところで担当スタッフ


という具合に、皆様

       素早い避難をお願いいたしますm( _ _ )m


にぎやかな避難訓練でした。

日時:2014年11月15日 PM 04:38
エルダーホームからこんにちは(平成26年10月号)

 今年も恒例のぶどう狩りに行ってきました。


福祉タクシーでの大移動です。タクシーに乗り込むだけで

30分もかかるのですから大変です。



 当日は薄曇りで、暑過ぎず理想的なお天気となりました。



 さて、ぶどう園に到着し、入園料を払うと、

試食用のぶどうを出して下さいます。

屋根のある広場でテーブルを囲み、持参したお茶を

飲みながらのおやつタイムが始まりました。



こんなにいっぱい出るのねぇ!?



驚いた声を出したのは、ご入居1年目のHさん。



来て良かったわ


同じく初参加のNさん。



美味しいわねぇ



毎年これが楽しみなのよ



女性陣の賑やかなおしゃべりに圧倒された

少数派の男性陣は、黙々と?いや、

苦笑いしながら召し上がっています。



お腹がいっぱいだわ



食べきれないわねぇ



そんな声が聞こえる中、ふと気付くと、

最近物忘れが少し進んだYさんが、ご自分の分を

食べ終わり、おしゃべりをされていた

隣のMさんのぶどうを食べ始めてしまいました。



"キャーどうしましょう!"


慌てたヘルパーは、気付かれる前にとそっと自分の分を

Mさんのと交換しました。



あら?少ない気がするけど・・・


とMさん・・・




今度は、ヘルパーが苦笑いをする番でした。

 

日時:2014年10月17日 PM 02:19
エルダーホームからこんにちは(平成26年9月号)

 夏の盛りも中盤を過ぎ、ひぐらしの聞こえる頃となりました。

それでも毎日の暑さと湿気にうんざり・・・

入居者様も食欲が少し落ちて参りました。


体力が落ちない様、

食欲が落ちない様、

昼食前には、車椅子の方も上半身動かして頂けるように、

毎日ラジオ体操を行います。



次は、今月の体操東京のバスガールに合わせて、

身体を動かします。

ここのところ夏バテ気味のH様93歳、

声かけしても体操には、乗り気になりません。


 するとヘルパーが


はい、チュッ手を大きく動かして下さい。

私にチュッ今度は両手でチュッ


つられてH様、手が段々上に上がります。


皆様から笑い声が聞こえます。

投げキッスの練習体操です。

H様、ヘルパー笑いが止まりません。


次はウィンクですよ。はい、パッチリ


パッチリ、チュッ


何だかあやしい雰囲気になってきました。



「そう言えば、昔バス停に立っていたら

通りすがりの学生さんが、着物の袖に、

付け文を入れて行ったわ。結ばれなかったけどね...」



「私は、いつも浅草でデートしたのよ。

でも別れたけれどね。髪型が気に入らなかったの。」


「あら、だから今もひとりなの......」



 恋バナ、いくつになっても楽しくてドキドキしますね。



 日々、少しでも食欲が増すといいなぁと

あれこれと工夫をしてるヘルパーです。

日時:2014年9月16日 PM 04:51
エルダーホームからこんにちは(平成26年8月号)

 エルダーホームでは、日々メニューに工夫をこらし、

栄養士さんが食事を作ってくれています。



 ある日の昼食にこの季節にぴったりの一品「冷奴」

出ました。

皆さんから次々会話が飛び出します。



『私は木綿豆腐が好きだな。大豆の味がする。』



『私は絹!口当たりが良いもの!』



するとスタッフから、



「この頃は、"波乗りジョニー""男前豆腐"

というお豆腐があるんですよ。」



ジョニー...外国で作っているのかい?



男前...いい男が作っているの?

        その人と一緒に食べたいわ♪』



笑いがあちこちから起こります。




『昔は共同の井戸があって、

    野菜やらすいかやら冷やしていたわね。』



『勝手にトマトを食べて怒られたよ。』



人の家の畑の中を走り回ったり、

  にわとり小屋にもぐりこんだりしたなぁ・・・』



『そうそう。ろくなことしなかったわね^^;



『夕方になると、豆腐屋さんが売りにきて、

 鍋を持って行かされたわ。

 待って~~と走って追いかけたら転んじゃって...』



『今も便利で良いけど、あの頃も良かったよ。

 大きな夕日が毎日見えた』




 皆さん、子供の様な顔から段々沈む夕日の様に、

 穏やかな表情になってきました。



 今日もこうして一日がやさしく過ぎていきました。

 

日時:2014年8月19日 PM 04:55
エルダーホームからこんにちは(平成26年7月号)

 春から夏へ、季節の変わり目を迎えるこの時期は、

変わりやすい天候に、朝夕の気温の差で

体調を崩しがちです。



今年101をお迎えになったKさん。


発熱と共に体調を崩され、病院への受診となりました。

病院までヘルパーが同行します。


Kさんは、昔から病院が大嫌い。

毎日のお薬も飲んで頂くのに一苦労しています。



"Kさん長生きの秘訣は?"


の問いかけに


『好き嫌いせずに何でも食べること!』

が口癖です。



駄々をこねるKさんを何とか車へ乗せ、

病院へ到着しますと、ヘルパーの袖をそっと引きます。



『入院するのかい?・・・』


と段々不安そうなお顔に...。


その時、「Kさん!」と名前が呼ばれ診察室へ。

すると先生の顔を見るなりKさん、



先生!どっこも痛いところはないです!

と一言。


「それは良かった。」と先生も笑顔です。


しかし、ほっとするのもつかの間、

先生はそう簡単に帰してはくれません。


体力回復の為、一週間程の入院となってしまいました。



『え~~↓』


と落ち込むKさんに先生は、


「まあ、○○病院旅館だと思ってお泊りして下さい。

美人の看護婦さんもいますから!温泉はないけどね^o^」


と言いますと、Kさんすかさず



『では、泊まりましょう♪』


ころっと気分が上昇しました。


Kさんのお元気さには診察室もほのぼのとしたムードとなりました。

体力回復後、更にパワーアップしてのお帰りをお待ちしております(☆½☆)

日時:2014年7月18日 AM 10:43
エルダーホームからこんにちは(平成26年6月号)

今年も桜の花が満開の頃を選んで、お花見兼、

お食事会に出掛けることになりました。



今回の担当リーダーは入社して1年に満たない

男性スタッフM君が任命・・・されました。


もちろん、やった事も行ったこともありません。

去年の資料を見たり、先輩に聞いたりと

あたふた準備をしていました。



「どこの桜が見頃なの?」



「ご参加人数はわかったの?」



「車椅子のトイレは大丈夫?」



「車椅子は何台になるの?」



「当日の持ち物を確認してね!」



いろいろな先輩から、次から次へとアドバイス(?)が

飛んできます。


アドバイスを参考に何とか行事計画書が出来上がり、

ヘルパー長も元へ・・・



「はい、わかりました。

  それでどこのレストランを予約したの?」





・・・・・(¯¯;)!!




 そんなこんなで、皆様楽しみにしていた当日を

迎えました。



 出発前にもかかわらず、やさしいM君は皆様に

お茶のサービスをしようと、大きなやかんを

両手に持ってウロウロ・・・


それを見つけた大先輩



「そんなことより、皆さんのお支度を手伝ってね ^^;



うなだれるM君・・・

まるで両手にバケツを持って立たされている

小学生の様でした。





M君!大変だったけど、また皆さんを連れて行って

あげてね。



皆様満開の桜と美味しいお食事で、大喜びだったの

ですから(^O^)




がんばれM君!!

日時:2014年6月16日 PM 05:20
エルダーホームからこんにちは(平成26年5月号)

 いつも元気なM様(89歳)車椅子の生活です。

少し物忘れもありますが、そんなことは全然気にしない

陽気な女性です。



 ある日、M様の病院受診に同行した時のこと、

受付を済ませ2階の診察室へ行くため、エレベーターに

乗ると目の前には大きな鏡が・・・。

そこに写ったご自分の姿をご覧になりながら



『これ誰?見たことのない人だね』


「M様ですよ」とお答えすると



えっ!?これ私!?

 私ってこんな顔なの

 最近見たことないからねぇ・・・

 ずいぶん皺だらけになったねぇ・・・』



思わず二人で大爆笑。


 診察室の前にはかなりの人がお持ちです。


「お時間かかりそうですね。」


と話しかけると


ドアの前で待っていれば

   早く呼んでもらえるかもしれないよ』


「順番ですね。きっと・・・」


まわりの方達にも笑顔が広がります。



 そんなこんなで診察も無事(?)終わり、

またエレベーターに乗り1階へ・・・。

先程の鏡があります。またもや



この人誰かしら・・・

   どこかで会ったことあるねぇ・・・』



あっ年をとった私だわ!


      10年後の私よ

(なるほど・・・)


「そうですね。

きっとこれは未来がうつる鏡ですね。

二人共ちょっと年取ってうつってますものね(‐ロ‐)


と二人で大爆笑!

楽しい病院受診でした。

 

日時:2014年5月20日 AM 11:30
エルダーホームからこんにちは(平成26年4月号)

私達は、ご入居者様に対し気遣い、思いやりを込め

日々共に過ごしておりますが、時々"ドキッ"

させられます。



 88歳Hさん

『私...もう死にたい...死にたいよ。』


口癖のようにおっしゃいます。



どうしましょう...



「大丈夫ですよ。神様は必ず全員あの世に行ける様取り計らって下さいます。

ただね、順番があります。席が用意してありまして、

席が空かないと呼んで頂けないのですよ。

Hさんのはまだ空かないようですね!!



『そうだねぇ...。』



Hさんのご様子を見守りしていますと

皆様と楽しそうに会話しています。

食事はいつもすべて召し上がり、

とても気落ちしている様には見えません。


娘様からも

「何だか入居して少し太ったみたい。

体重増えていませんか?」


確かに...


重くなっています。

何を食べても美味しいとおっしゃいます。


でも今日も言われます。


『もう死にたいよ...。』



そこで私達にはこの死にたいは、

"私は元気ですよ!"と聞くことにしました。


Hさんに"死にたいよ..."は「元気です」

と言っていますか?とお尋ねすると、

にこっ^o^として

そうとも言うわね^^ですって!!


ご用心、ご用心!

ホームでは"元気です!"の変換言葉かもしれませんので。

日時:2014年4月15日 PM 04:51
エルダーホームからこんにちは(平成26年3月号)

 昼食前に、皆さんとイチ、ニイ、サン、シイとラジオ体操をし、体を動かしました。


 そのあと、職員が

「続きまして、今日は、頭の体操をしましょう!脳を働かす暗算です


簡単な問題から始まりました。


「11は?」


『 2 』


正解です。

「では、22は?」


『 4 』


「44は?」


『 8 』


「88は?」


『 16 』


「1616は?」


『 32 』


「3232は?」


『 64 』

順調です☆


"どんなもんだい!" という顔をされる86男性。


『簡単、簡単、こんな問題出して』とおっしゃる91歳。


すごい!すごい!皆さん、とても反応が早いです。声も大きく出ています。

皆さん正解が続くので、問題はどんどん進みます。

反対に職員が「正解です!」と言うのが遅くなって来ました。


「ちょっと、ちょっと待ってください^^;  

       (指を使って・・・・・・)正解です!」


皆さんから、笑いが起きました。


「256256は?」


『 512! 』


「え~と、え~と・・・・・・・正解です!」


なんと、あっという間に 4096』 まで進みました。


「きょうの、頭の体操は終わりにします。

          次回は電卓を用意します・・・」と職員。


『頑張れよ!』と声がかかり、皆さん大笑いでした。

 

日時:2014年3月14日 PM 03:25
エルダーホームからこんにちは(平成26年2月号)

 皆様、毎日のあたたかいお食事を楽しみにしていらっしゃいますが、I様もそのおひとりで、食後には必ず次のメニューを確認してお部屋にお戻りになります。


「何がお好きですか?」とお尋ねしますと、


『カニ...エビ...ホタテ...まぐろ...。』

すしネタが次から次と出て来ます。


 ある日、1ヶ月分のメニュー表をスタッフとながめていますと"中落ち丼"の文字を発見しました!


 しかし、まだまだ...天ぷら・おさしみ・茶碗蒸し...これはお誕生日メニューですね^^


 あらら...クリスマスには、クリームシチュー・カルパッチョ・ロールチキン・明太子パイ焼き...おまけに3時にはケーキです。


 スタッフと二人で、

『これは逃せないね!』


「もう、色気より食い気ですよねー。」


と盛り上がっています。


『あれ、とんかつの日もあるよ!カレーうどんもいいねぇ~。ちらし寿司もあるね。』


 お正月のお節のメニューに来たあたりで、

I様『あっ!!!これはキケンだわ!!


急にどうしたのかしら??とスタッフ。


『このメニューは女の敵よ!!


どうやら、これを全部食べたら太る...と思われた様です。

しかし、くいしんぼうの二人は、松の内が明けたらダイエットしましょう。と約束したのでした。


『寒い冬を乗り切るには、やはり食べなきゃね。』となり、

「ですよね~^ロ^」となりました。

日時:2014年2月14日 PM 04:41
エルダーホームからこんにちは (平成26年1月号)
K様は、今月お誕生日を迎えられ、99歳になられます。
 先日の日曜日、ご家族がお集まりになり、たくさんのごちそうや花束をお持ちになって、白寿のお祝いをなさっていらっしゃいました。
 他の入居者様も、いつもいたわって下さり、
「あら...今日はいい顔色しているわよ。」
「あ~よかった!全部ご飯食べられたわね。」
など、口々に声をかけて下さいます。
 K様はお耳が遠いこともあり、にこにこしてうなずくか、小さな声で「はい...。」とお答えになります。
 ところがある日のお食事の後、突然K様が、
「みなさん!私は今夜、あの世に逝きます。ころりと逝きます。明日はお会い出来ません。ありがとうございます。」
 さほど大きな声ではありませんが、はっきりとおっしゃいます。
周囲の方々も驚き、本気にしていいやら、なんと言って良いやら、言葉がでません(^^;)
 それを聞きつけたスタッフが、
「Kさん、お薬がまだですよ。これは寿命が延びるお薬です。ちゃんと飲んで下さいね。」
といつものお薬を渡しました。するとK様
「みなさん!ころりと逝けなくなりました...明日もよろしくお願いします。」
 ああ~本気にしなくて良かった...^o^
99歳には、どうにもかないません。

日時:2013年12月 6日 PM 05:50
エルダーホームからこんにちは(平成25年12月号)

先日、秋晴れの下、エルダーホームで運動会が行われました。

入居者様・ヘルパー共に赤白に別れ、キリリとはち巻きをしめて勢揃い。


「宣誓!我々選手一同はスポーツマンシップよりも、

明日の朝『運動会のせいで体が痛くなった!』

と言わないことを誓います!!!

 

両チームキャプテンによる選手宣誓の後、ラジオ体操で体をほぐし、恒例の玉入れが始まりました。

バランスを崩しては大変なので座ったまま玉を投げます。

動くのはカゴを背負ったヘルパーです。

中腰になり選手達の前をインベーダーゲームのようにカニ歩きで往復するのですが・・・

立ち上がって追いかける方、カゴを掴んでダンクシュートする方・・・

違反者続出で揚句ほとんど入ってしまいました。


その後、ストラックアウトやパターゴルフと皆様真剣に、見ている方も固唾を飲んで見守ります。

M様(女性83歳)の娘様も飛び入り参加で見事カップインし、大盛り上がりでした。

最後はパン食い競争(コチラも動くのはパンの方です)のアンパンをおやつにお茶を頂きながら成績発表。

優勝・準優勝のメダルを胸に「ゴルフのカップインの数で勝負がついちゃったなぁ・・・」など皆様反省会と来年の運動会でのリベンジを誓い合っていました。


翌朝、体の痛みを訴えたのは、案の定玉入れのカゴを背負っていたヘルパーさんでした。

日時:2013年12月 4日 PM 05:18